(旧)とりあえず俺と踊ろう

当ブログに連日掲載している南三陸町の写真について

ツイッターで何度か、ここで載せている写真が現在の南三陸町の様子だという誤解があったので、
カテゴリ分類をただの「南三陸町」から、「南三陸町(平成23年4月)」に変更した。
それでも、カテゴリ分類まで細かく見る人はあまりいないので、やはり時々誤解される。

あらためて書くが、ここに掲載している写真は、平成23年4月末のものである。
俺自身が医療派遣で南三陸町へ行かされた(自主的ボランティアではない)ときに撮ったものだ。

本当は一日に一枚ずつ掲載して、超長期間にわたって掲載し続けるつもりだった。
それは原発問題がクローズアップされすぎて置き去りにされた津波の直接被災地を、
自分がなるべく忘れないように、みんなに思い出してもらえるように、という考えからだった。
しかし、最近、少し方針を変えた。
それには、上記のように勘違いが多いことも理由の一つ。
それとは別に、うまく言葉にできない理由がある。
このまま無残な姿を発信し続けるべきなのだろうか。
いまの南三陸町がこんな状況だという勘違いを広めることになりはしないか。
忘れないように、という想いとは逆に、忘れたいという人たちも多いのではないだろうか。
なんとも言葉にしにくい、よく分からない理由なのだが、とにかく方針を変えた。

写真はあと90枚弱ある。
これらを年内にはアップしてしまおうと思う。

最近、南三陸町に旅行に行きたいと感じることが多い。
そして、いま、の写真を撮りたい。
少しずつ、復興されているはずの南三陸町を写真に残したい。

初期被害の写真や映像、原発問題と比べて、被災地の日々の復興は地味すぎて、
国民を煽るのが使命と思っているマスコミにとっては、なんら魅力のないものだろうが、
復興する土地、そこに携わる人たちの写真は、インパクトはなくとも素敵だと思う。
そういう写真をのせるブログなどあれば、ぜひ紹介して欲しい。
[PR]
by Willway_ER | 2011-11-03 07:32 | 南三陸町(平成23年4月)