(旧)とりあえず俺と踊ろう

登米市で飲んでいた時のこと

南三陸町に派遣されて何日目かの夜。
飲み屋で40歳くらいの男性にからまれた。
といっても、いちゃもんをつけられたわけではなく、
俺が医療支援で来ていることを知って触発されてか、
彼は各県からの支援に感謝しているということをひたすら繰り返した。

河北新聞に、南三陸町に派遣されてきた自衛隊に向かって、
両手を合わせて拝む高齢女性の写真が載っていたらしい。
彼はそれを見て涙が出たのだという話を何度となくした。
そして、今でも河北新聞を見ると毎日涙が出るらしい。
ただ、そんな彼が、店の女の子の手をさすりながら感謝感謝と言うので、
なんだか白けてしまって、それが伝わったのだろうか、
どういう経緯だったか覚えていないが、俺は頭を叩かれてしまった。
彼は軽いノリのつもりか、少なくとも強い悪意はなかったと思う。

しかし、派遣された自衛隊を拝む高齢女性の姿に涙した男が、
同じように派遣されている俺に直接ありがとうと言うどころか、頭を叩くとは……。
酔った席でのことだし怒りこそしなかったが、違和感は拭えなかった。

彼にブログをやっているかと聞いたら、やっていないというので、
「お兄さん、俺ら他県の人間は、いずれ、いや、わりと早く、
被災地のこと、被災者のことを忘れていくんだよ。
今だってテレビでは原発の話ばかりでしょ。
もうすでに、忘れかけている人もいるかもしれない。
地元に住む人が、絶えることなく情報を発信し続けないといけないよ」
と話したのだが、果たして伝わったかどうか……。

地元の人たちは、発信し続けてください。
[PR]
by Willway_ER | 2011-05-02 23:36 | 南三陸町(平成23年4月)